(24)いづもナンキン(IZUMONANKIN) 泳ぐ宝石紅白の造形美

胴のくびれと色彩が鮮やかないづもナンキン。優雅な姿が愛らしく、眺めていると気持ちが和む=松江市学園南2丁目
いづもナンキンの健康状態をチェックする松浦巌会長
 島根県の天然記念物に指定されている金魚、いづもナンキンは、「泳ぐ宝石」と呼ばれ、全国に愛好家を持つ。鱗(うろこ)が光を受けパール色に輝く姿は優雅で、錦絵から飛び出したかのようにも見える。

 白と赤の模様と大きな腹、尾びれが四つに分かれ、背びれがないのが特徴。名前の由来は不明だが、松江藩主、松平治郷(不昧、1751-1818年)が、当時は貴重なガラスの器で飼い、観賞したと伝えられる。

 松江藩の城下で改良が重ねられ、独特の姿になったとされる。いづもナンキンに訪れた危機は、第2次世界大戦。戦時中の物資不足、ぜいたく禁止のあおりで、終戦時には市中にわずか数匹しか残っていなかったという逸話もある。その後、平和な時代が続き、今日の隆盛をみることとなった。

 この道40年の松浦巌いづもナンキン振興会会長(73)=松江市学園南2丁目=は「模様は白と赤が交互になっている鹿の子(かのこ)など多彩。目から口までが長く、尾の付け根が太いほうが良いとされています」と、観賞のポイントを教えてくれた。

 同会は年に1回、品評会を開いているが、近年は山陰だけでなく関東、中部、九州方面からも愛好家が訪れる。インターネットの普及でファンが全国に拡大し、活魚輸送技術の応用で、遠隔地に輸送できるようになったためだ。

 たらいの中で日差しを受けゆったりと動き回るいづもナンキン。白と赤の造形美と、おちょぼ口に差す赤が口紅を連想させ愛らしい。

 (写真と文は本社報道部・小滝達也)

 いづもナンキン 1982年に島根県の天然記念物の指定を受けた。原形は、和金(わきん)の背びれを改良でなくした金魚「マルコ」だと伝えられている。

2009年6月29日 無断転載禁止