市道銀山線の一部通行止めを解除

1日から通行止めが解除される市道銀山線=大田市大森町
 大田市は1日、同市大森町の銀山公園と龍源寺間歩などを結ぶ市道銀山線(約3キロ)の一部区間の通行止めを約1年半ぶりに解除する。落石対策工事が終了したためで、徒歩に加え、自転車やベロタクシーで同間歩の近くまで行くことが可能になる。

 同市は2007年12月に発生した落石を受け、同間歩の近くの約300メートルを通行止めにして対策工事を進めていた。

 市は通行止めの間、銀山川を挟んで同市道と並行する遊歩道に仮設道路と仮設歩道を整備し、同間歩への徒歩による観光ルートを確保していた。1日以降、仮設歩道を撤去するとともに、同間歩近くに観光客用駐輪場を設置するという。

 通行止め解除後も、市観光協会や大森町自治会協議会による、許可車両以外の自動車の通行規制は継続される。

2009年6月30日 無断転載禁止