(46)冷房と体の違和感

いすに座ったままで、つま先を上げ下げする運動は下半身の血行を促し、体調不良の予防につながる
自律神経の機能不全原因

 冷房により体調の不良を感じたり、既存の症状の悪化を起こしたりすることがあります。首から肩にかけての違和感や凝りなど、冷房に伴う症状の原因の一つに自律神経の機能不全があると考えられています。

 本来、人の体は暑い、寒いといった環境の変化に対応できるようになっています。昼夜を問わず、それを無意識につかさどっているのが自律神経です。

 夏は、外気温や室内の湿度が高くなります。この時、体温の上昇を防ぐため、体表に近い部分の血管をゆるめたり、汗を出したりして、体の中の熱を外に出そうとします。これを放熱といいます。

 しかし、体が放熱を行っている状態で、温度を低くされた部屋に一気に入ると、体はすぐには冷えた環境に適応できません。放熱をするようにセットされた体の状態で、本来なら体から熱を逃がさないようにする正反対の環境の中にいることにより、体調不良を起こしてしまうのです。

 部屋への出入りが少なくても、冷気は重く、床の部分にたまりやすいため下半身は冷やされますが、上半身は発汗を必要とする環境にいる状態になることでも、体調は異変を来します。

 このような冷房の影響から体を守るのは、難しいことではありません。外気温と冷房の設定温度の差を5度以内にする▽冷気を直接、体に当てない▽上着を羽織る▽長い靴下を履く▽ひざ掛けは脚に巻きつける▽熱い飲み物をこまめにとる-ことなどがよいでしょう。座ったままで足首やつま先を上げ下げする運動やひざの屈伸運動は血液の循環を促し、体調不良を防ぐ効果があります。

 冷房による体の違和感は、体の機能が不安定になっていることを示しています。体の重要な機能である心臓の動きや呼吸、消化、ホルモンの分泌などをコントロールする自律神経のバランスを崩した場合、根本的な解決が必要です。重症化する前に、体と環境に優しいエアコンの使い方を心掛け、体調不良が続いたら、専門の内科の医師に相談しましょう。

 (松江総合医療専門学校理学療法士科専任講師・南場芳文)

2009年8月12日 無断転載禁止