住宅改修・工事後でも解約

 先週見知らぬ業者が、「この地域の屋根の無料点検をしています」と突然やってきて自宅の屋根に上がり、「ずいぶん傷んでいますよ。大変なことになる前に修理したほうがいい。今ならちょうど残った材料があるので、通常の半額で修理ができます」というので、雨漏りがしたら大変だと思い契約をしました。契約した日の2日後から3日間で工事が終わりましたが、知り合いの工務店に聞いたら、ずいぶんといいかげんな工事がしてあると言われました。今からでも契約の取り消しができるのでしょうか。

 悪質な住宅リフォーム業者は高齢者宅を突然訪問します。はじめは親切を装って点検し、「屋根がだめになる、家が倒れる」などと不安をあおり、じっくり考える時間や誰かに相談する時間を与えず、契約を迫ります。既成事実を作って、契約を解除しにくくさせるために、工事を契約の翌日から始めたりします。

 また、契約書の内容が「工事一式 120万円」など明細が記載されていなかったり、工事資材の記載内容がいいかげんだったりします。契約書や工事の内容に少しでも不安を感じたら、知り合いの業者や、地元に密着した工務店に相談しましょう。

 このような訪問販売であれば、契約を取り消したい場合は、工事が完了していても、契約日から8日以内はクーリングオフが可能です。期間が過ぎていても、契約書の記載内容や勧誘方法によってはクーリングオフができる場合がありますので、消費者センターにご相談ください。

 ◆情報提供=島根県消費者センター電話0852(32)5916、同石見地区相談室電話0856(23)3657

2010年9月6日 無断転載禁止