新聞記事感想文全国コン 竹元さん(浜田東中)入賞

竹元亜佐美さん
 浜田東中学校3年の竹元亜佐美さん(15)が「いっしょに読もう新聞!」コンクールで、山陰両県からは唯一の入賞となる奨励賞を受賞した。

 同コンクールは、小中高校生を対象にした新聞記事の感想文コンクールで、自身の感想に加え、家族や友達の意見も踏まえて書くのが特徴。日本新聞教育文化財団が、新聞記事から社会事象を深く考えてもらう目的で、1~7日までの「NIE週間」に合わせて、初めて実施した。

 今回は国内外から約1万2千点の応募があり、うち124点が入賞、9校が学校賞に選ばれた。

 竹元さんの作品は、7月31日付の山陰中央新報に掲載された、母親が2児を殺害した大阪府内の事件記事がテーマ。子どもが好きという竹元さんは、記事を読んだ当初、「なんてひどい母親だろう」と憤ったというが、家族から子育ての大変さなどを教わるうち「地域が支え合って子育てする大切さ」に気づき、感想文にまとめた。

 竹元さんは「悲しい出来事の記事がテーマで、喜んで良いのか分からないが、感想文をきっかけに、近所の人たちとのつながりを深めたいと思った」と話した。

2010年11月1日 無断転載禁止

こども新聞