11月5日、池上彰さん松江で講演 聴講希望者を募集

池上 彰氏
 島根県NIE推進協議会(会長・有馬毅一郎島根大学名誉教授)は、フリージャーナリストの池上彰さんを講師に迎えた講演会を11月5日午後3時から松江市袖師町の県立美術館ホールで開く。聴講は無料で、現在希望者を募集している。

 講演会はNIE月間行事「平成23年度島根県NIEセミナー」の一環。新聞を学校の教材として活用し、子どもたちに情報を読み解く力・活用する力を育てるNIE活動への理解を深めてもらうとともに、同活動を推進する指導者の育成を図り、さらに活動の輪を広げようと企画した。

 講師の池上氏は元NHK記者で、「週刊こどもニュース」のお父さん役兼キャスターなどを務めたほか、NHK退職後は民放の人気番組「そうだったのか! 池上彰の学べるニュース」などのキャスターも務めた。また、若いころから新聞に親しみ、『小学生から「新聞」を読む子は大きく伸びる!』など、新聞に関する著書も多い。今回は「ニュースを読む 新聞を読む」のテーマで話す。

 対象は教職員および一般。募集定員は170人で先着順。希望者は往復はがきの往信用裏面に郵便番号、住所、氏名、勤務先、電話番号を、返信用表面に郵便番号、住所、氏名を明記し、〒690―8668、松江市殿町383、山陰中央新報社編集局読者室内、島根県NIE推進協議会事務局まで申し込む。締め切りは10月7日(消印有効)。ただし、定員になり次第締め切る。問い合わせは同事務局、電話0852(32)3305。

2011年9月6日 無断転載禁止

こども新聞