レッツ連歌(下房桃菴)・12月22日付

◎試着室から妻のため息

慰める言葉がすぐに出てこない (浜田)七転 八起

ゼロひとつ見落としていたこのコート

                  (松江)花井 寛子

◎ハナの差だったと聞いているけど

整形をしといてヤッパよかったね (江津)岡本美津子

◎交際相手とっかえひっかえ

ビーバーはわが世の春と殖えつづけ

                  (松江)余村  正

◎今年も無事に収穫を終え

村中が総出でかかる吊るし柿  (松江)木村 敏子

◎いつ戻るやら北方四島

女房に財布の紐は握られて   (松江)杉本 末吉

◎もちろん来ているマイケルジャクソン

あっちにもこっちにもいるそっくりさん

                 (東出雲)水野貴美子

◎骨折ですと医師の診断

雪道をバイク飛ばした軽率さ  (松江)庄司  豊

欲張って木守り柿まで穫ーけんだ(松江)高木 酔子

◎なでしこジャパン悲願の優勝

それ以来肩身の狭いパパとボク (松江)多胡 誠夫

ロンドンへ行くまで恋はおあずけね

                   (松江)川津  蛙

◎大縄跳びに入りそこねる

新記録達成目前緊張し     (江津)江藤  清

町内に四十代が五人いて    (益田)吉川 洋子

◎丸くなったと妻が喜ぶ

切り餅を貰って隠す袖の中   (益田)小倉  豊

重曹を一匙入れたパンケーキ  (出雲)遠藤  伸

◎枯らさずにいる形見の盆栽

ひとくさり曰く因縁聞かされる  (益田)可部 章二

本物と思い込んでる人のよさ  (飯南)塩田美代子

◎過疎の村にも収穫の秋

鈴なりの柿をカラスは素通りし  (益田)増野  充

◎ニタリ笑った顔が気になり

女人から酒を注がれる紅葉狩  (美郷)源  瞳子

山道を後も見ないで逃げました (雲南)板垣スエ子

引き返しもう一度見る人面魚  (松江)野津 重夫

◎的に向かって放つ一瞬

敵味方与一コールの屋島沖   (松江)森広 典子

◎目を輝かせ聞く子どもたち

わが郷土わが中学の大先輩   (松江)田中 堂太

◎後が見たくて後を付けてく

億の金持って出かける御曹司  (出雲)行長 好友

ばあちゃんが大好きだったチンドン屋

                 (奥出雲)松田多美子

◎長いベロ出すアインシュタイン

風邪ですね扁桃腺が腫れてます (益田)石川アキオ

◎お奉行様の指示に従い

めでたくも三方まるく納まって   (米子)佐々木浩子

           ◇

 大縄跳びに「入る」というのを、選手に選ばれる、と取った洋子さんの句作り、これは虚を突かれました。地区の運動会なのですね。四十代は四人とかなんとか決まっている。で、いちばん出たかったこの人は外された、というわけですね。いちばん出たかったかどうか、ほんとうのところは分かりませんが、そこは「読み」というものです。

 「扇の的」を扱った句は他にもありましたが、典子さんは大胆にも、「与一コール」で勝負。与一ッ、与一ッ、与一ッ、与一ッ…、大笑いですね。きっと的は外れたことでしょう。

           ◇

 というところで、第四木曜日の連句形式のシリーズ、来年はまた、新たな前句から始めます。

  さりげなく手元に寄せる得意札

 まずは、この句に七七の句を付けてください。

           ◇

 いよいよ押し詰まってまいりました。私の担当は、今年はこれが最後です。

 みなさん、どうぞよいお年をお迎えください。

(島根大名誉教授)

挿絵・FUMI

2011年12月22日 無断転載禁止

こども新聞