内職サイトから「出会い系」へ



 携帯電話で内職のサイトを検索し、あるサイトに登録した。すぐにサイトから「メール相手を探している人がいる」と連絡があり、資産家を名乗るTから「僕の支えになってほしい。謝礼をする」とメールが届いた。

 メール交換にはポイントが必要だといわれ、ポイント購入代としてサイトに1万円を払った。私の口座番号と電話番号を教えようとメールを送信したが、Tが「文字化けして読めない」と返信してきた。文字化け解除の方法をサイトに聞き、解除に必要な費用3万円を払って操作したが、またダメだった。

 次の方法としてパスワードが必要とのことで費用を請求されたが、おかしいと思う。




 出会い系サイトに関してはセンターでもたくさんの相談を受けています。最近は内職情報サイトや知らない人からのメールがきっかけとなり、出会い系サイトでメール交換を行った結果、多額の費用を請求されるケースが増えています。

 サイトや相手に指示されるままにポイント料や換金・譲渡のための費用、文字化け解除の費用などの料金を払っても、相手のいう謝礼などを得ることはできません。メールアドレスなどを知られたために、他のサイトからも同様のメールがたくさん送信され、さらに混乱状態となってしまいます。

 後でおかしいと気づき返金を要求しても、一度支払ったお金を取り戻すのはとても困難です。ネットには詐欺的なサイトが多く、画面の向こうの相手を安易に信用することは危険です。大切な個人情報をいろいろなところに登録することはやめましょう。サイトに限らず、簡単にお金もうけをする方法はありませんので注意してください。

 ■情報提供=島根県消費者センター電話0852(32)5916、同石見地区相談室電話0856(23)3657

2012年3月5日 無断転載禁止