借金の整理方法 悩まず専門家に相談を



 消費者金融に借金があり、残高は250万円ぐらい。10年以上、借りたり返したりを繰り返している。月々の支払いができなくて困っている。借金の整理方法が知りたい。




 借金の整理方法については四つの方法があります。

 (1)任意整理 弁護士などが裁判所を通さずに債権者と話し合いをします。利息制限法に基づいて金利の引き直し計算をして債務額を確定します。債務者が返済できる金額を分割で支払うという合意をします。返済期間のめどは3年です。

 (2)特定調停 簡易裁判所を通して債務整理の話し合いをします。選任された調停委員が利息制限法に基づいて金利の引き直し計算をして債務額を確定し債権者との間に立って合意ができるよう調整します。専門家に依頼せず自分で裁判所に調停の申し立てができるので低額の費用で手続きができるという利点がありますが、調停で決まった返済計画は強制力があるのでしっかり守る必要があります。

 (3)個人再生手続き 裁判所が手続きに関して主導的に関与する方法です。債務額を減額して原則3年間で分割して返済します。完済すれば残りの債務額は免除されます。借金額が多く複雑な場合で、定期的な収入がある場合に適した方法です。給料や住宅を差し押さえられずに社会生活が続けられる利点があります。

 (4)自己破産 返済の見込みがない場合の手続きです。裁判所を通じて持っている資産をお金に換えて返し、返せない部分を免除してもらいます。早期に借金から解放されますが住宅や車を手放す制約があります。

 四つの整理方法については、債務の正確な金額や収入、資産状況などを考慮して選択するので、弁護士相談を受けることをお勧めします。

 長期間返済している場合は過払いになっていることもあります。引き直し計算をして過払いとなった場合は返還を請求できます。

 借金の問題は必ず解決できる問題です。一人で悩まずに消費者センターや弁護士などの専門家に相談しましょう。


 ■情報提供=島根県消費者センター 電話0852(32)5916、同石見地区相談室 電話0856(23)3657

2012年5月14日 無断転載禁止