レッツ連歌(下房桃菴)・5月24日付

挿絵・FUMI
◎ようやっと我が息子だと認められ

再会場面映すマスコミ    (出雲)宝利ヒサユキ

◎なぜここで録画が切れているのかな

転んでしまった新カメラマン  (松江)森広 典子

◎午前様大きな声で呼ばないで

あなたのお家お隣でしょうが  (松江)田中 堂太

◎糀から育てた僕の初しぼり

研修棟で田舎体感       (雲南)板垣スエ子

◎靴底の外側だけがすり減って

早くオムツを外してやりたい  (益田)小倉  豊

鉄鋲打ったころ思い出し    (松江)村田 行彦

◎地方にも乗り入れてくる格安便

小姑一家がまたも押しかけ   (出雲)矢田カズエ

◎一票になるかならぬか見極めて

読みづらい字に手間取る発表  (大田)柴 わん子

◎アリさんが助けてくれたキリギリス

同窓会は劇の思い出      (松江)村田 欣子

◎由緒ある家系絶やしてなるものか

挿し木で増やすサツキレンギョウ(松江)岩田 正之

◎ほんとうに欲しかったのはショベルカー

現地訪ねてやっと気がつき   (松江)川津  蛙

槌音響く青の洞門       (雲南)佐藤 幸男

◎新発意は檀家回りでデビューする

大型バイク横付けにして    (松江)木村 更生

鐘も叩くはドラムも叩くは   (松江)花井 寛子

◎携帯にゴメンナサイとメール来て

恋の終わりはあっけないもの  (出雲)真幸 信子

◎練りワサビちょいと利かせてみるもよし

乳離れにはこれが一番     (出雲)飯塚猫の子

◎縁結ぶ神もさすがにサジを投げ

神話博だで今年はせわしい   (江津)岡本美津子

鏡の池に浮かぶ一円      (松江)持田 高行

男女の見分けつかぬ昨今    (松江)木村 敏子

◎猪の親子に一度芋をやり

遊んでもらうウチの子供ら   (益田)吉川 洋子

恩返しには何ごすだァかァ   (雲南)佐藤 風子

◎言わないと気づいてくれぬ誕生日

百万本はともかくとして    (松江)多胡 誠夫

四年に一度二月末日      (松江)野津 重夫

◎相伝の味は保証の目分量

取材はよいが撮影はダメ    (浜田)勝田  艶

嫁といっしょに作るキャラ蕗  (松江)森  笑子

◎家中の部屋占拠するキティちゃん

枕代わりに使って叱られ    (浜田)松井 鏡子

いつもおんなじパパのおみやげ (出雲)原  陽子

◎お世辞とは分かってはいる褒め言葉

衒いながらも出すVサイン   (大田)丸山 葛童

なるほどこのテだ今度使おう  (美郷)源  瞳子

商売上手な島の花売り     (松江)余村  正

           ◇

 行彦さんの「鉄鋲(てつびょう)」、昔はありましたね。打った当初は、チャッ、チャッ、チャッと、けっこう気持ちいいリズムで歩けるのですが、すぐに緩んできて、チャカ、チャカ、チャカ、…。そのうち、鋲が靴底を通り抜けて足の裏に当たる。それでも我慢して履いていましたね、私など。日本は貧しかったのです。

 「ゴメンナサイ」で、ふつうは仲直りすると思うのですが、この一言を残してお別れ、ということも、そういえばありますね、信子さん。発想がいいです。

 風子さんの句は? 恩返しには…、何だいごさん、隣の爺(じい)には。

           ◇

 次は、今日の入選句に、今度は五七五の句を付けてください。

 もう一つ前の句、つまり今日の前句の内容には戻らないよう、ご注意願います。

2012年5月24日 無断転載禁止

こども新聞