石見・石西 「民主党分裂と衆院解散・総選挙の行方」 井原康宏氏

井原 康宏氏
小沢氏が新党旗揚げ―正念場の野田首相

  どうなる“消費税政局”



   講 師・井原 康宏氏
         (共同通信社編集局整理部長・前政治部長)

   演 題・「民主党分裂と衆院解散・総選挙の行方」



 石見政経懇話会・石西政経懇話会は8月9日(木)・10日(金)に定例会を開催します。今回は、共同通信社編集局整理部長・前政治部長の井原 康宏(いはら やすひろ)氏を講師に迎え、「民主党分裂と衆院解散・総選挙の行方」と題して講演していただきます。

 消費税増税法案をめぐり、ついに民主党が分裂。小沢一郎氏が新党「国民の生活が第一」を立ち上げました。野田首相は自民・公明との連携で「社会保障と税の一体改革関連法案」の成立を目指しますが、今まさに正念場に立たされています。仮に衆院で内閣不信任決議案が出されれば、可否は微妙な情勢です。与党・民主党内にもう一段の波乱が起きるのか、さらには自民が求める解散・総選挙へ一気に傾くのか。政局の行方から目が離せない状況が続きます。

 井原氏は政治担当として20年以上、取材を積み重ね、その経験を生かした分析は切れ味鋭く、定評があります。混迷が続く永田町の道標をどう読み解くのでしょうか。ご期待下さい。


 <井原氏のプロフィール>

 1983(昭和58)年、横浜国立大学を卒業後、共同通信社に入社。神戸支局、福岡支社編集部を経て、91年から政治部畑を歩く。首相官邸では海部俊樹、宮沢喜一両首相の総理番を務めた後、自民党担当時代はミッチーこと渡辺美智雄氏のグループを取材。外務省、防衛庁(当時)の各担当を経て98年から2年間、ワシントン支局に駐在、米フロリダ州での再集計にまでもつれ込んだ2000年の「ブッシュ対ゴア」の大統領選を経験した。そして04年政治部デスク、08年政治部副部長、10年政治部長を経て2012年6月、編集局ニュースセンター整理部長に就任。

                                         (本会は会員制です)

■政経懇話会のページへ↓

http://www.sanin-chuo.co.jp/modules/tinyd0/index.php?id=6

2012年7月13日 無断転載禁止