レッツ連歌(下房桃菴)・8月23日付

挿絵・カールおじさん
◎思い込みほど怖いものなし

終電車定刻どおり発車して   (松江)岩田 正之

なんやかや子供の尻を叩いてい (美郷)源  瞳子

見くびった子供に将棋歯が立たず(松江)杉本 末吉

イジメなどないと胸張る校長さん(出雲)矢田カズエ

◎娘三人里帰りして

中元の牛肉隠しておきましょか (益田)吉川 洋子

久々に物干し竿も華やいで   (松江)佐々木滋子

いつ写真出そうか迷う父と母  (松江)川津  蛙

◎一人で寝ると言った末っ子

ゴキブリに追い回される夢を見て(出雲)原  幸子

◎金の成る木という名ついてる

留守中はしっかり水やり頼みます(浜田)松井 鏡子

◎水着のモデル捜しております

お母さんいつまでチラシ見ているの

               (松江)庄司  豊

◎だれのものなのあの嫁ケ島

百歳のババさんまでが呼び出され(浜田)滝本 洋子

国引きのとき飛んできたカケラです

               (松江)渡部 靖子

石原さん野田さんひとついかがです

               (江津)岡本美津子

◎車掌はそっと終点を告げ

それらしき人長々と横たわり  (飯南)塩田美代子

着ぐるみのままでついついうたた寝し

               (益田)石川アキオ

まだ乗ると言い張る孫をもてあまし

              (津和野)岡田 忠良

駅裏の宿はわたしの実家です  (益田)石田 三章

◎皮算用をする海の家

オフの分上乗せをするかき氷  (益田)可部 章二

◎皿屋敷ってワイルドだぜぇ

無造作にかつ大胆に着くずして (益田)黒田ひかり

◎六時になればみな閉まる店

どうしよう今夜のおかずトマトだけ

               (松江)福田 町子

朝市の新鮮野菜買いそこね  (出雲)宝利ヒサユキ

◎軌道外れて宇宙さまよう

医者の家継ぐはずだったミュージシャン

               (松江)木村 更生

二丁目にメイド酒場ができたとか(松江)高木 酔子

◎少年時代はどんなお子さん

感激の涙が光るメダリスト   (雲南)板垣スエ子

マサカリをかついでクマにまたがって

               (大田)掛戸 松美

◎やはり気になる孫の勉強

体育がズバ抜けている学期末  (松江)多胡 誠夫

◎上がりんさいと漬物でお茶

田を渡る風吹き抜ける縁側に  (松江)森広 典子

           ◇

 車掌さんというのは、実際、いろんな体験をなさっているのでしょうね。

 「それらしき人」も怖いけれど、「着ぐるみ」も、座席に寝そべっていたら、ドキッとしますね。

 「まだ乗ると言い張る孫」はかわいい! 終点を「そっと」告げるわけも、よく分かります。

 「駅裏の宿」は、孝行息子? それとも、単に、親子がグルになっている?

 食材を同じ買いそこねたにしても、町子さんの句は分かりやすいけれど、ヒサユキさんの句はひとヒネリある。昔ですと、「明け六つ」「暮れ六つ」などといって区別したのでしょうが…。

 「少年時代」を聞かれて―、スエ子さんはきれいに仕上げられましたが、松美さんは、…ズッコケました。

 それにしても、同じ前句になんとさまざまな句が付くものかと、あらためて驚いております。

           ◇

 では次も、今日の入選句を前句に選んで、七七の句をいっぱい付けてください。

2012年8月23日 無断転載禁止

こども新聞