文化センター通信・松江教室 石見神楽面制作

小林泰三 講師 
 島根県の伝統工芸品である石見神楽面。家内安全、魔除(よ)け、開運の御利益があると信じられ、江戸時代末期から作られています。

 粘土型(既製品)の上に和紙を貼り重ねていき、目鼻などの穴を開け、胡粉(ごふん)で下地を塗った後に彩色して仕上げます。彩色の際の表情づくりが一番難しく、また面作りの醍醐味(だいごみ)でもあります。

 材料は郷土島根・石見特産のものを使いますので、素材のぬくもりを感じることができる作品です。

 新築や開店の際のお祝いや厄除けとして、贈って喜ばれる見応えのある石見神楽面を一緒に制作しましょう。一人一人丁寧に指導しますので、立派に仕上がります。 

(松江教室・事務局)


◎日 程 第2木曜日午後1時半~3時半、同午後6時半~8時半
◎講 師 小林泰三(小林工房代表)
◎受講料 1万8900円(9回分)


問い合わせ先 フリーダイヤル0120・079123(月曜~土曜日・午前9時半~午後8時)

2012年9月14日 無断転載禁止