女子ログ アラフォー、母になる

 「ふんぎゃー」と暗闇に響く赤ん坊の声で目を覚ます。早朝5時。「もう1回寝てよ~」と背中をトントンしながら、「あう、あう」と抱っこをせがむわが子との攻防が続く。

 38歳で、初めて母になって5カ月が過ぎた。「お産って痛い?」と周囲に聞きまくり、覚悟して臨んだ高齢出産。けれども、出産は一時のこと。アラフォー育児の苦労が、想像以上だった。

 体重がヘビー級の息子は、抱っこ好きに加え、寝くじ(寝やご)がひどい。生後しばらく、私は抱っこしたままソファで眠る毎日だった。今でも睡眠不足、肩こり、膝・腰痛…。もともと体力に自信はないが、あと10歳若かったらと何度悔やんだことか。

 街ですれ違う妊婦さんやママは皆、神々しく見えていた。自分もそうなるはずだったのに、現実は「疲れた」を連発するへなちょこぶり。助っ人になる身内が近くにいない「孤育て」家庭でもあり、「おばあちゃん家に預けてきた」なんて会話を聞くと、うらやましくて仕方がない。

 いやいや、ないものを数える人生ってつまらないし、何より、この年齢で子を授かったからこそ感謝の気持ちも大きかったはず。くたくたの体に気合を入れ直し、今日もやんちゃ坊主と笑顔で向き合っていこう。

  (江津市・スナフキン)

 ……………………………………

 「女子ログ」は、生き方もこだわりもさまざまな山陰に暮らす”女子”たちに、日々の思いをつづってもらうコーナーです。

2012年10月1日 無断転載禁止