女子ログ キレイなお母さんが好き?

 大学生になったころ、美人女優が映り「キレイなお姉さんは好きですか」とナレーションの入るCMがあった。大人になるっていうことは、こんなキレイなお姉さんになれるんだと夢見たが、現実は普通のお姉さんを経て普通のおばさんになってしまった。

 でも世の中にはいるのである、キレイなお姉さんであり続ける人が。保育所の送迎で出会う母親たちは、こじゃれた格好で髪はつやつや、目はぱっちり、肌はふんわり柔らかそう。慌ただしい育児の合間にどうやったら、そんな”キレイなお母さん”になれるのか、私には全く分からない。

 友人いわく、キレイなお母さんはもともとおしゃれや美容に関心が高く、自らを磨くスキルも習慣もあるという。急に思い立ってスキンケアに励んでも、負担な上に効果がなく長続きしないでしょと指摘され、ごもっともとうなずいた。

 わが子たちは時折、親の結婚写真を出して「これがお母さん? 似てなーい!」の大合唱。似てるも似てないも本人である。失礼な。それでも、一瞬の幻でしかない”キレイなお母さん”を眺めてうれしそう。根性なしの私にはこれが精一杯。気の利いたアドバイスもできないが、娘たちにキレイなお姉さんになる日が訪れることを夢見ている。

(松江市・エディ)

2012年10月29日 無断転載禁止