女子ログ アラサーの手習い、厄払い

 人間生きていれば嫌でも歳はとるもので、30歳になったー!などと喜んでばかりもいれるはずもなく、日に日に近づく厄年…。さて、どうしたものかなぁと思っていたところに、学生時代からの親友から「厄払いしようよ」とうれしい誘い。一般的な厄払いなど眼中になく、とにかく自分たちの思いつくことをしようと「厄払いに屋久島へいこう!」と安易な発想で旅行を計画した。

 ただ、いきなり屋久島へ行って往復10時間以上の縄文杉トレッキングなどできるわけもないので、準備として初めて大山登山を経験。もともと面倒くさがりなのでアウトドアなんて興味すらなかったのですが、意外や意外! 自分でもびっくりするほど楽しくてハマってしまいました! 汗をかき、息を切らして歩くつらさの先にこんなに爽快な気持ちが味わえるなどと知りませんでした。

 その後訪れた屋久島で厄払いができたかは「神のみぞ知る」ですが、またまた新しい扉を開くご縁に巡り会えたのかなと今は思います。

 (松江市・さばとら)

2012年11月5日 無断転載禁止