女子ログ 効果なし、夜泣き対策

 ついに始まってしまった、息子の夜泣き。もう、毎朝ぐったりである。

 生後6カ月あたりから、夜、定時の授乳以外に、何かにうなされているかのように、頻繁に泣くようになった。夜泣きって1時間くらい泣き続けるイメージだったが、うちの子のようなタイプもあるらしい。

 「暗いところに寝かせれば、朝までぐっすり」なんてうらやましい話も聞くが、夜泣きという言葉がある以上、昔から多くの親が通ってきた道なのだろう。母や義母も「ドライブで寝かしつけた」「おんぶして机に突っ伏して寝た」という。いつの時代も母親は大変だ。

 夜泣きの原因は不明のようだが、脳の発達過程で起きる現象とのこと。でも、夜泣きしない子も多いので、何か対策があるのでは。往生際の悪い私は、睡眠不足の中、本やインターネットで情報を集め「豆電球をつけず真っ暗に」「午後8時までに寝かせる」といった手法を試してみた。

 残念ながら今のところ、効果なし。私の接し方が悪いのかな。体をそりかえして泣き叫ぶ子を抱っこしながら、あれこれ思い悩んでしまう。

 「この子にとことん付き合おうと、腹をくくったよ」と先輩ママからの助言。私も、やっぱり赤ん坊はいとおしい。せめて、別室で熟睡している夫に恨み節でもぶつけ、この時期を乗り切ろう。

 (江津市・スナフキン)

2012年11月9日 無断転載禁止