女子ログ きょうだいは不思議な絆

 私には、3歳差の姉がいる。子どものころはよくけんかをしたのに、いつの間にか一番の理解者になった。洋服や小物は、小さいころから両親がおそろいにしたおかげで同じ趣味。別々に買い物をしても、なぜか色違いのものを買っていることが多い。ただし、性格と男性の好みは正反対で、お互いにないものを持っているように思う。なんとも不思議な「絆」があると思う。

 私の子どもたち、娘(20歳)と長男(16歳)、次男(10歳)には、どんな関係があるのだろう? 年齢に微妙な間隔があるし、女と男。小さいころはなんともデコボコで全く別々の世界があり、まとまる要素はなかった。特に娘と長男は、お互いに相手を理解できないようで、よくけんかをしていた。次男がつなぎ役のようで、上2人の関係を少しずつ変えたように見える。私には見えないところで、それぞれの関係を築いているのか?

 来春、短大進学で2年間家を空けた娘が帰ってくる。みんなが娘の帰りを待っている。さてさて、3人の関係がどのように進化するのか、とても楽しみだ。

 私は姉がいるだけで、ただ「安心」を感じる。きょうだいとはどんな形であれ、そんな安心があるものか? 一緒に年齢を重ねることで、安心は得られるのだろうか。とにかく不思議な絆があると思う。

(出雲市・金のねずみ)

2012年11月16日 無断転載禁止