女子ログ アラサーの手習い、キモノ編

 いつごろからか覚えていませんが、「日常的に和服を着たい」と思っていました。成人式の振り袖や、卒業式に袴(はかま)を着てから、より一層和服が好きになりました。ただ、実際にそんなことができるはずもなく、また和服を着る仕事に就くなんてことも考えませんでした。

 しかし、趣味のお稽古を続けていくうちに和服を着る機会が増え、ついに着付け教室へ通うことに。初めは四苦八苦でしたが、先生のご指導の下、楽しく(?)お稽古ができ、一通り自分で着られるようになりました。

 そうなるとお友達とのお食事会やおでかけにも和服を着たくなり、もちろん1人ではちょっと恥ずかしいので、お友達に「お着物女子会しようよ」と誘ったりして、おしゃれ着感覚で楽しんでいます。

 今思えば、幼いなりに和服を着た人の立ち居振る舞いやしぐさをとても魅力的に感じ、あこがれていたのだと思います。私もそんな風になれるように、これからも楽しみながら和服を着ていきたいと思っています。

 そして、これが意外なご縁を運んでくるなどと思いもしませんでした…。

 (松江市・さばとら)

2012年11月19日 無断転載禁止