女子ログ ありがとうの気持ちを胸に

 スポーツをする理由は、人それぞれだと思います。私は、高校卒業後も会社に勤めながらスポーツを続けています。初めは競技が好きだからという理由だけでした。

 そのうち気付いたのは、会社の人たちや地域の皆さんにどれほど支えられているかということ。それを分かり始めた時から、少しでも恩返しができればと、自分のためだけじゃなく支えてくださっている皆さんのために、活動をするようになりました。

 大きなことはできません。私たちにできるのは、元気にあいさつすること、日々努力して人を元気にするプレーを見せること、地域の活動に参加すること、遠征ではよい結果を報告できるようにすること。もちろん、会社や地域、そして島根県の広告塔になること。

 それに全力で取り組む姿を見てもらい、それに何かを感じてもらいたい。それが私たちの役割だと思っています。

 スポーツの輪が地域に広がれば、もっともっと明るくなると思います。目指すのは、スポーツを通じてどんな形でも誰かの役に立てるようなスポーツマン。支えられているという感謝の気持ちを胸に持ち続け、これからも明るく元気に走り続けます。

 (雲南市・くりおね)

2012年11月21日 無断転載禁止