レッツ連歌(下房桃菴)・11月22日付

(挿絵・FUMI)
◎寝ていてもなあにと返事する私

主婦の仕事は休む間もない   (江津)江藤  清

テレビのスイッチ切ったのはだれ(松江)森  笑子


◎逃げ出したペットの亀は見つからず

意外に速い一瞬のスキ     (美郷)源  瞳子

冬眠してる縁側の下      (雲南)板垣スエ子


◎この手紙もしもの時に開けてくれ

次男三男陰ですぐ読み     (美郷)吉田 重美

パスワード付きログインID  (松江)岩田 正之


◎立てばまた池の回りをぐるぐると

もう飽きてきた森の別荘    (益田)黒田ひかり

早く沈めと祈るおみくじ    (出雲)遠藤  伸


◎銀行の地下金庫まであと五ミリ

有毒ガスが出て頓挫する    (松江)庄司  豊


◎そのままがいいよと言ってくれた人

迷いに迷った連歌入選     (松江)多胡 誠夫

向上心のなかった元カレ    (松江)山崎まるむ


◎無意識に髪撫でつけて通るクセ

いつかはきっと結う大銀杏   (益田)可部 章二


◎ご近所に配る土産が持ちきれず

運転手さん一つ上げーわ    (松江)余村  正


◎抽選で特製マットプレゼント

応募券付きパンを買い込み  (出雲)宝利ヒサユキ


◎女房が突然来ても大丈夫

口下手だけど鼻はよく利く   (松江)松田とらを

空っとぼける技も上達     (益田)石田 三章


◎女房はただ待っている退職金

公園出勤言い出せぬまま    (飯南)塩田美代子


◎天井に届かんばかり島根米

鎮守の森で神楽奉納      (益田)竹内 良子

ネズミ家族もこれで安心    (松江)森広 典子


◎あの時も腰の曲がったおばあさん

落とした財布また見つけられ  (松江)田中 堂太


◎ジイさんの引き出し開けた好奇心

セピア色した美女がニッコリ  (出雲)飯塚猫の子

口止め料が高くつくわい    (益田)吉川 洋子


◎分かるよう分からぬように付けておく

黒い手帳の赤いイニシャル   (松江)相見 哲雄

生き餌とみせて疑似餌あやつる (大田)掛戸 松美


◎四五枚は季節はずれの服も入れ

借りたカバンがちょっとデカくて(出雲)原  陽子


◎店頭に晋ちゃんまんじゅう復活し

賞味期限を確かめる客     (益田)石川アキオ


◎初めての人間ドックにビビる父

昔遊んだツケ払わされ     (益田)兼子 哲彦

上から下から管を通され    (大田)柴 わん子

昔いじめた蛙みたいで     (益田)小倉  豊


◎町おこし実行委員やりとげて

着ぐるみ脱いでほっと一息   (松江)林谷 悦子

ミスJAをみごと射止める   (松江)川津  蛙


           ◇

 前回も述べましたが、連歌はほんとうのことを詠む必要はないけれど、リアリティーが大事です。「もしもの時に開けてくれ」と言われた手紙を、ちゃっかりすぐに読んでしまうのは、やっぱり「次男三男」でしょう。長男だけはそんなことをしない、というメッセージが、この表現に込められていることは、いうまでもありません。

           ◇

 さて次は、今日の入選句を前句に選んで、今年最後の五七五を付けてください。

           ◇

 例によって、来年の新春特集の前句も、あらかじめお知らせしておきます。

 巳(み)年にちなんで、

  ヤマタノオロチ苦笑いする

という変な句を思いついたのですが、これに付ける五七五も、そろそろご準備くださいますよう。

2012年11月22日 無断転載禁止

こども新聞