あなたは大丈夫?(2) SNS 何でも載せていい?

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で自分の写真や毎日の出来事を細かく載(の)せています。友達くらいしか見ないよね?


 内容で学校や住所ばれる

 インターネットは日本にいながら手軽に世界中とつながれる画期(かっき)的な道具です。SNS以外にも、ホームページやブログを使えば、自分の情報を世界に発信することができます。

 SNSやブログは「知らない人と友達になりたい」「遠くの人と連絡が取りたい」という欲求に応えてくれる便利なコミュニティーツール。趣味(しゅみ)が同じ人と知り合えたり、なかなか会えない友達の近況(きんきょう)が知れたりと手軽に人とつながることができます。

 でも、みなさんに興味がある全ての人が、いい人であるとは限りません。本名登録を勧(すす)めているSNSでも、うその経歴(けいれき)を書くことも可能なんです。みなさんと仲良くなりたい大人が、子どものふりをして登録しているかもしれません。

 「個人が特定できる固有名詞を出していないから大丈夫」なんて思っていませんか? ある女の子のブログを見てみると、制服を着た自分の写メがアップされていました。さらに学園祭の日程や部活で出場する大会名、よく行くスーパーの名前から、住んでいる町や高校名、所属する部活が分かりました。もし、マニアや気持ち悪い人が見たらどうなるでしょう。

 知らない人に見られないように非公開や仲間だけのパスワードを設定していても、書いている内容を友達がぽろりともらすことがあります。ネットに詳しい人はパスワードの外し方も知っています。

 SNSは「便利」と「危険」の両方を併(あわ)せ持っています。写真や個人情報を出すのは簡単です。ネットは世界中とつながっている、誰が見ているか分からないというリスクを考え、載せていいのか、書いていいのか、考え判断することが必要だと思います。

 (Willさんいん・長谷川陽子)

 …………………………………………

 SNSって?

 インターネット上で、現実の友達やネットで知り合った同じ趣味を持つ人たちとつながることができます。日々の出来事が書けたり、写真をアップできたりと、種類はたくさんあります。基本的に無料で使え、ニックネームや実名で登録します。本名登録のSNSでは、多くの人が自分が写っている写真や本名を公開しています。

2013年2月26日 無断転載禁止