ネットで注文商品届かない 初取引は後払いで

【相談】

 インターネット通販でブランド財布を注文した。前払いで銀行から振り込んだが商品が届かない。メールをするが返事もなく、ショップのホームページを見たが、電話番号や住所の記載もなく、日本語の表現もおかしい。どうしたらよいか。



【アドバイス】

 ネットショッピングで多いトラブルは「商品未着」と「返品・返金」に関する内容です。このようなトラブルに遭わないため、◆ショップの連絡先(住所、電話番号、責任者の氏名など)◆返品特約がきちんと記載されているか―を確認しましょう。

 インターネットショッピングは通信販売に当たり、クーリング・オフはありませんが、返品特約はサイト上に分かりやすく表示しなければなりません。返品特約の表示がない場合は、商品到着後8日間以内であれば消費者は送料を負担して返品することが可能です。

 インターネットショッピングでは多種多様な支払い手段を選ぶことができます。ただ、先に代金を支払ってしまうと、商品が届かないというリスクがあります。トラブルを避けるためには、特に初めて取引するショップでは先払いを避け、なるべくクレジットカードや振込用紙での後払いを選んだほうが賢明です。クレジットカードで支払った後で商品が届かない、あるいはショップと連絡が取れなくなったという場合は、すぐにカード会社に相談してください。

 最近、「ブランド品の偽物が届いた」「ネット通販でブランド品のスニーカーを前払いで注文。税関からコピー商品だと連絡があり、返金についてショップにメールを送ったが返事がない」といった相談が目立つようになりました。日本語で表記されている安価なブランド品販売サイトで注文すると海外からコピー商品が届くこともあります。

 消費者庁越境消費者センターでは、海外事業者と取引した日本の消費者を対象にトラブルの相談を受け付けています。相談者のように、ショップの連絡先もわからない場合は残念ながら「泣き寝入り」になる可能性が高いと思われます。


■情報提供=島根県消費者センター 電話0852(32)5916、同石見地区相談室 電話0856(23)3657

2013年3月4日 無断転載禁止