あなたは大丈夫?(4) 写真アップで住所知られた

 今日は家にだれもいないからピザを取った。ピザをスマートフォン(多機能携帯電話(たきのうけいたいでんわ))で撮影(さつえい)してSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に「今夜は親いなくて家で1人~泣」って書いて写真と一緒にアップしたら、友達から「住所わかっちゃうよ」と言われた。何で?



 位置情報はオフにして

 スマホには、GPS(グローバル・ポジショニング・システム)という、人工衛星の電波でスマホの場所が分かるシステムが搭載(とうさい)されています。GPS機能はスマホをなくしたときには便利で、どこにあるか調べることができるんですね。

 GPS機能が搭載されたスマホで撮影した写真には、撮影した場所の緯度経度の情報が埋め込まれます。この場所の情報を「ジオタグ」と言います。

 SNSの中には、ジオタグが付いた写真をアップすると、撮影場所を表示するものもあります。観光地や飲食店など、みんなが知っている場所ならまだいいすが、自宅の住所がネット上に載(の)ったらどうなるでしょう。しかも「今夜は家に1人」と書いてあれば、家にだれもいないことも分かります。もし悪い人や気持ち悪い人が書き込みを見て、家までやって来たら…。

 スマホのほとんどの機種では、ジオタグをオンにするかオフにするかを選ぶことができます。オフになっていればジオタグが埋め込まれることはありません。

 特に注意しなければならないのは、買ったばかりのスマホ。最初の設定がオンになっていて、気がつかないうちに自宅や学校の住所をネット上にさらしていることもあります。自分のスマホの設定状態が分からない時は携帯電話会社で聞いてみましょう。

 3月に入り、スマホデビューした人もたくさんいると思います。うれしくていろんなことがしたいなと思う気持ちは分かるのですが、1度ネット上に出てしまったデータは、もう消すことはできません。楽しく安全に使うために、スマホについてきちんと学んで使用しましょう。

 (Willさんいん・長谷川陽子)

 …………………………………………

 スマホって?

 通話やメールだけでなく、たくさんの機能が使える携帯電話で、画面をタッチして操作します。アプリと呼ばれるソフトを入れることで自分の好みに変えることができます。従来の携帯電話に比べネットへの接続もしやすくなっており、電話というより「小さなパソコン」。ウイルス対策も必要です。

2013年3月26日 無断転載禁止