レッツ連歌(下房桃菴)・3月28日付

(挿絵・FUMI)
◎商売繁盛で笹持ってこい

真っ先に大儲けするゑべっさん (松江)安東 和実

◎老いにも慣れて日々是好日

軟らかいご飯にしたら食べるタマ(松江)水野貴美子

◎散乱してる空きビン空きカン

より高くギネスブックに挑戦し (浜田)松井 鏡子

◎上がり框にテーブルの角

家中に夜光テープが増えてゆき (益田)石田 三章

◎美人揃いのママさんコーラス

心地よい夢の世界へ引き込まれ (江津)佐々木一郎

オレを呼ぶ声とは違う声出して (益田)可部 章二

◎ズッコケ解答いつも大ウケ

まっすぐなものがいいとはかぎらない

               (出雲)飯塚猫の子

◎赤ちゃん運んできたコウノトリ

たまにしか仕事がないのこのところ

               (雲南)佐藤 風子

◎だれにも負けぬ虎の調教

抱いて寝てミルク飲ませて育て上げ

               (松江)花井 寛子

体罰は決してやっておりません (松江)川津  蛙

◎一月後にはズボンがユルユル

引退しチャンコ鍋とも縁が切れ (川本)高砂瀬喜美

腹巻も毛糸のパンツも脱ぎ捨てて

              (津和野)岡田 忠良

◎七面鳥と暮らす明け暮れ

品定め今からしてるクリスマス (出雲)放ヒサユキ

◎六十五歳から高齢者

エンディングノート広げて思案顔(益田)石川アキオ

ですよねと嫁に言われることはない

               (出雲)矢田カズエ

憧れの列車に乗って夫婦旅   (益田)竹内 良子

バス割はためらいながらそっと出し

               (松江)金津  功

◎嘘をつくとき爪を噛む癖

大臣になったんだからやめなさい(松江)高木 酔子

◎あくびばっかり繰り返すポチ

玄関に監視カメラが設置され  (松江)多胡 誠夫

近ごろはまいごのこねこ見かけない

               (松江)佐々木滋子

◎はりきり過ぎた防火訓練

文化財こわしたことは内緒にし (江津)花田 美昭

◎犯した罪を悔いる朝夕

仏壇の婆さんのまだ恐い顔   (飯南)塩田美代子

◎オネエ言葉でビール傾け

角刈りの義父(ちち)を横目の娘婿

               (浜田)飯田 卓子

◎客に背を向け稼ぐ商売

愛想よく歴史を語る人力車   (松江)田中 堂太

◎三本の矢で日本再生

一本で那須ノ与一は名を残し  (松江)余村  正

           ◇

 若かりしころ、大阪市立美術館で、貴重な絵巻を、特別にお願いして閲覧させていただいたことがありました。ひととおり調査を終え、絵巻を巻き戻し、さてひもを―絵巻のひものことです、これを結ぶには、ちょっとしたこつがある―カッコよくピーンと引っ張った途端に、プッツン! そのとき一瞬頭をよぎったのは、なんとかうまくごまかして逃げて帰ろう、というけしからぬ考え。もちろん、すぐに思い直して、正直におわびはいたしました。

 が、しかし、今さら言い訳するわけではありませんが、そこまで追いつめられたのも、元を正せば、その絵巻があまりに貴重だったからのこと。大したものでなければ、はじめからそんな気は起こすわけはございません。

 美昭さんの句を読んだ桃菴センセ、またまた悪夢がよみがえったご様子です。

           ◇

 さて、次は、今日の入選句を前句に選んで、今度は七七の句を付けてください。

(島根大名誉教授)

2013年3月28日 無断転載禁止

こども新聞