レッツ連歌(下房桃菴)・4月25日付

(挿絵・FUMI)
◎オレを呼ぶ声とは違う声出して

家の番号間違えたかな     (出雲)石飛 富夫

褒めて育てる孫の教育     (出雲)矢田カズエ

タマタマタマや晩ごはんです  (松江)福田 町子

朧月夜にタマが恋する     (出雲)原  陽子

◎引退しチャンコ鍋とも縁が切れ

汗拭きながらすするお茶漬け  (松江)高木 酔子

◎大臣になったんだからやめなさい

カメラ向けるとVサインする  (松江)川津  蛙

最前列で振るペンライト    (松江)木村 更生

◎軟らかいご飯にしたら食べるタマ

おかずいらずで家計助かる   (大田)掛戸 松美

◎抱いて寝てミルク飲ませて育て上げ

一人息子は嫁にベッタリ    (松江)余村  正

◎バス割はためらいながらそっと出し

降りたとたんに颯爽と行く   (松江)今岡笑美子

◎家中に夜光テープが増えてゆき

節電できりゃ要らぬ原発    (雲南)横山 一稔

◎腹巻きも毛糸のパンツも脱ぎ捨てて

老いも若きも花柄スパッツ   (浜田)松井 鏡子

大橋川を泳ぐ赤フン      (出雲)行長 好友

堅気になったフーテンの寅   (美郷)遠藤 耕次

◎愛想よく歴史を語る人力車

ぐっすり眠る心地よい揺れ   (浜田)勝田  艶

◎体罰は決してやっておりません

言えば言うほど嘘に聞こえる  (出雲)飯塚猫の子

◎心地よい夢の世界へ引き込まれ

長々続くオリエンテーション  (飯南)塩田美代子

二合までなら酒は百薬     (松江)三島 啓克

膝つつかれて持ち直す数珠   (益田)小倉  豊

◎玄関に監視カメラが設置され

夫いぬ間の昼切ってある    (益田)可部 章二

◎エンディングノート広げて思案顔

書いた上から塗りつぶす日々  (松江)花井 寛子

一晩寝ると別人になる     (松江)岩田 正之

忙しいのに何しちょうかね  (奥出雲)松田多美子

あなたの過去など知りたくはない

           (滋賀・東近江)小嶋 慶子

◎たまにしか仕事がないのこのところ

洋服掛けになるぶらさがり棒  (松江)森広 典子

アベノミクスに期待しましょう (江津)井原 芳政

◎憧れの列車に乗って夫婦旅

昔話に出る一等車       (益田)石田 三章

食べてなければ眠ってばっかり (益田)吉川 洋子

◎一本で那須ノ与一は名を残し

下手な鉄砲で連歌入選     (雲南)佐藤 風子

一式飾りみごと完成      (益田)石川アキオ

◎文化財こわしたことは内緒にし

毎年送る匿名の寄付      (松江)持田 高行

◎真っ先に大儲けするゑべっさん

気まずくなってきた宝船    (松江)松田とらを

◎仏壇の婆さんのまだ恐い顔

録画してまで見る由美かおる  (松江)多胡 誠夫

◎まっすぐなものがいいとはかぎらない

日陰の多い家庭菜園      (松江)山﨑まるむ

横にこけそなジイの盆栽    (美郷)吉田 重美

得意のカーブで三者三振    (浜田)飯田 卓子

孫の作った紙のロボット    (出雲)今岡リツ子

合掌造りに先人の知恵     (美郷)源  瞳子

城下町には鉤形の道      (松江)田中 堂太


           ◇

 一言だけ―。

 寅さんが堅気になるなんて、私ゃ、クソおもしろくもない。で、その、ぜんぜんおもしろくないところが、耕次さんの句は、不思議とおもしろいのですねぇ。

           ◇

では今度は、今日の入選句のどれかを前句に選んで、五七五の句を付けてください。

           ◇

それから、森露さんの五月「スペシャル」の前句は、若葉の枝に結ぶおみくじ

この句にも、五七五の付句をお願いします。

              (島根大名誉教授)

2013年4月25日 無断転載禁止

こども新聞