クーリングオフ利用したい はがきで手続き

クーリングオフ通知書の記入例
【相談】

 クーリングオフ制度を利用したい。どういうケースで、どのようにしたら手続きができるか。


【アドバイス】

 クーリングオフ制度は、訪問販売や電話勧誘販売などで契約してしまった後、消費者に冷静に考え直す時間を与え、消費者が契約書面を受け取ってから8日間であれば、無条件で契約を解除できる制度です(マルチ商法などは20日間)。

 クーリングオフは、はがきなど書面で通知します。書き方と送り方は次の通りです。

 (1)左のように記入し、表裏のコピーを取る(2)簡易書留か特定記録郵便で業者に送る(3)クレジット契約の場合は、クレジット会社にも送る

 クーリングオフをすると、一切の負担を負うことなく無条件で契約を解除できます。支払ったお金は全額返金されます。商品の引き取り費用は業者負担。工事終了後でもクーリングオフは可能です。

 最近多発している、注文した覚えのない健康食品を、万一承諾して受け取ってしまった場合も、商品が届いてから8日以内であればクーリングオフできます。

 なお、クーリングオフ期間が過ぎていても契約書が発行されなかったり、販売方法などに問題があれば解約交渉が可能なケースもあります。あきらめないで、まず消費者センターにご相談ください。


■情報提供=島根県消費者センター 電話0852(32)5916、同石見地区相談室 電話0856(23)3657

2013年5月7日 無断転載禁止