インターネットオークション リスク理解し入札を

【相談】

 自宅のパソコンやスマートフォン、携帯電話などのインターネットを利用してできるインターネットオークションの注意点は何か。


【アドバイス】

 欲しい商品を競り合い、落札することで入手できるネットオークション。国内はもちろん、海外のオークションサイトにも登録できます。登録すれば、個人でも簡単に商品を出品することができます。一般に流通していないものが見つかったり、市場価格より安く手に入ったりするのも魅力です。

 一般的なネットオークションでは、サイトのシステムを利用して落札し、落札後は出品者と落札者との間で直接取引を行います。

 個人の出品物の多くは中古品のため、説明にない傷などがあったり、機器が動かない場合もあります。

 オークションサイトは原則として取引のトラブルには関与しません。不安があれば出品者に事前に質問し、トラブルが発生したら相手と上手に話し合って解決しましょう。

 商品が届かない場合は、大手オークションサイトでは補償制度があります。ただし、対象外のこともあるので、必ず事前に適用条件を確認してください。

 ネット上には、主に海外のオークションで行う取引を代行する代行業者が存在します。

 海外取引特有の面倒な手続きや言語の心配はありませんが、落札後のキャンセルはできません。ワシントン条約で規制されているものや関税法で禁止されているコピー商品など、日本に持ち込めない商品と後から判明しても、代行業者への一定の手数料が発生することがあります。利用の前に取引条件をよく確認してください(国民生活センター・2013年版「くらしの豆知識」より)。


■情報提供=島根県消費者センター 電話0852(32)5916、同石見地区相談室 電話0856(23)3657

2013年7月1日 無断転載禁止