レッツ連歌スペシャル(村瀬森露)・8月29日付

(挿絵・FUMI)

◎いたずらにチャンネル替える熱帯夜

夏の星座のロマン知らずに   (出雲)矢田カズエ

タマは廊下で寝返りをうち   (益田)石川アキオ

推理ドラマの犯人見逃し    (出雲)石飛 富夫

単身赴任すでに三年      (松江)木村 更生

ついに止まった古いエアコン  (出雲)原  陽子

カエルコールは三時間前    (益田)竹内 良子

雪山深海宇宙船旅       (美郷)源  瞳子

冷えたビールが我がよき友よ  (出雲)飯塚猫の子

ビデオに撮って妻涼し顔    (松江)佐々木滋子

風鈴の音と蚊取り線香     (益田)石田 三章

電車一駅乗り過ごす朝     (飯南)塩田美代子

庭に出て見る長い流星     (美郷)吉田 重美

カーテン開ければ空はしらじら (松江)木村 敏子

ケーブルテレビ引いてしまって (松江)山崎まるむ

ここにいましたかつてのアイドル(美郷)芦矢 敦子

律儀に回っている扇風機    (松江)松田とらを

リモコンというありがたきもの (出雲)黒田千華子

子守唄にはどれがよいかな   (松江)持田 高行

わかった犯人勝てぬ阪神    (益田)可部 章二

わがもの顔の帰省した孫    (浜田)勝田  艶

隣の犬がまた吠えている    (松江)田中 堂太

水戸黄門はやってないのよ  (津和野)岡田 忠良



 深夜にテレビをつけると、雪山が一面に広がっていたり、宇宙船の操縦室が映っていることがよくあるように思います。気のせいかなとも思っていましたが、同じように感じる方もおられるのですね。あるいは、若手芸能人によるマニアックな番組もよく見かけます。いずれにしても、「通常の」時間帯とは違う世界が広がっているのですが、たいてい寝不足と連合してしまうので、さらに独特の意味合いを帯びた記憶になります。

 カエルコールのCMが流されたのは80年代半ばでした。帰ると言って3時間たっても帰ってこないのはどうしたのでしょう。ふるさとカエルコールというのもあったので、それなら渋滞に巻き込まれているのですね。今ならメールの人もずいぶん多くなっているでしょうから、マダカメールを送り返しているかもしれません。

 リモコンでチャンネルを次々と替えることができるのは便利ですが、替えている間に犯人に関する重要な場面を見逃してしまうのではないかという不安はあります。マラソン中継などで、CMのときに先頭集団が崩れたりして勝負どころを見ることができないことがありますが、そんなことを自分の手でしてしまわないかというような不安だと思います。録画をしておけば済むことではありますが。

 41度の声も聞いたこの夏ですが、そろそろ星空を楽しむゆとりも持ちたいものです。

             (島根大法文学部教授)

2013年8月29日 無断転載禁止

こども新聞