身近な草花写真鮮やか 文化センター教室生が作品展

鮮やかな花々の写真を見る来場者
 山陰中央新報文化センター松江教室(松江市殿町)の受講生による「わが家の草花を撮る写真展」が2日、同市東朝日町の中国電力ふれあいホールで始まった。身近に咲いた草花を、写真で鮮やかに表現している。

 同センターの「林写真教室」の受講生男女14人が、自宅周辺を歩き、季節感のある草花を撮影した。

 コスモスやヒガンバナといった、秋の訪れを告げる花の作品を多く展示。講師で写真家の林亨さん(78)=同市母衣町=は「新しい人でも4年以上受講している」と話し、受講生の腕前はかなり上達しているという。

 展示を見た松江市学園2丁目の岡邦範さん(70)は「美しい作品を見せていただいた。趣味を持つのはいいことだ」と話した。

 展示は6日まで。入場無料。

2013年10月3日 無断転載禁止