島根県おすすめ名産・特産品をご紹介

お取り寄せ、贈答サイト47CLUB(よんななクラブ)は、地元をよく知る地方新聞社が実際に探し回って、見て、使って、食べて「これはすごい!」と思った名産、特産、スイーツ、グルメをお取り寄せ、贈答できるショッピングサイトです。皆さんもぜひ47CLUBへアクセスしてみてください!

「奥出雲玄米茶」を発売 松江・加島茶舗

発売した「奥出雲玄米茶」を手にする加島浩介さん
 松江市西茶町の加島茶舗が、奥出雲町特産の仁多米と県産茶葉をブレンドした「奥出雲玄米茶」を発売した。香ばしく立ち上る香りと甘みが特徴で、島根のお茶のブランド価値向上につなげたいと意欲を見せる。お茶との接点が少ない若者に知ってもらいたいと、5日夜、発売を記念した「カジュアルな夜茶会」を同市内で開く。

 開発したのは同社の加島浩介さん(28)。県産茶の存在をPRしたいと昨年末から研究を始め、おいしいコメとして知られる仁多米との組み合わせを思い付いた。

 減農薬に取り組む奥出雲町の農業法人・こよりの里から仕入れたコメをほうじ玄米に加工し、玄米茶に向いている県産茶葉の数種類とブレンド。仁多米の甘みを引き出しながら苦みとのバランスがとれるよう工夫した。1袋(100グラム)500円で販売している。

 また、加島さんは、お茶所と言われる松江の若者がお茶文化に触れる機会が少ないと感じていたことから、同市で日本三大茶会の一つ「松江城大茶会」が開かれるのに合わせ、お茶に親しめるイベントを開こうと茶会を企画した。

 5日午後8時から同11時まで、同市伊勢宮町で仁多米の米粉クレープを販売する「はいからさんが通る」で、奥出雲玄米茶を1杯100円で提供する。

 加島さんは「後口さっぱりで飽きの来ない味に仕上がった。5日は気軽に立ち寄って味わってほしい」と話した。

2013年10月4日 無断転載禁止