島根県おすすめ名産・特産品をご紹介

お取り寄せ、贈答サイト47CLUB(よんななクラブ)は、地元をよく知る地方新聞社が実際に探し回って、見て、使って、食べて「これはすごい!」と思った名産、特産、スイーツ、グルメをお取り寄せ、贈答できるショッピングサイトです。皆さんもぜひ47CLUBへアクセスしてみてください!

女子のきき酒「Pリーグ」 12月島根県大会開催

松江大会でじっくり吟味する参加者=1月14日、松江市朝日町、ビストロ庵タンドール
 “女酒力(じょしゅりょく)”を競え-。島根県内4地区で開催された女性対象の利き酒大会・Pリーグの県チャンピオンを決める「クライマックス2013」が12月8日、松江市内で開かれる。酒どころ・島根の初代利き酒女王を決めるガチンコ勝負の飲み比べ。地区大会では名勝負が繰り広げられただけに、関係者の期待が高まっている。

 島根には酒造りの神を祭る出雲市の佐香神社(別名・松尾神社)があるほか、多くの酒蔵や名酒で知られる。Pリーグは、地酒を盛り上げることで地域を盛り上げたいと、酒好きの有志でつくる地酒未来酔進協議会(松江市)などが、県内の酒造会社の協力を得て今年初企画した。Pは「ポン酒」(日本酒)、「プリンセス」(姫)、「プリティ」(かわいい)にちなむ。

 1月から、松江、出雲、奥出雲、石見の4地区で開催。決勝に進んだ2人が銘柄を当て続け、いつまでも決着がつかずに2人を優勝者とするほど白熱した大会もあった。

 県大会は、4地区からそれぞれベスト4以上が出場し、リーグ戦に続いてトーナメント戦で競う。地区大会は別々に用意された3、4種類の日本酒を味わい、同一銘柄を当てるルールだったが、酒豪がそろう県大会では5種類に増やす。

 本番は午後7時から松江市白潟本町のスティックビル。Pリーグ出場者の同伴者と招待者のみが観戦できる。

 来年以降も継続予定で、同協議会メンバーでPリーグを担当する堺久幸さん(39)は「1年間の総決算。(来場者には)ハイレベルな戦いを楽しんでほしい」と話す。

2013年11月28日 無断転載禁止