レッツ連歌(下房桃菴)・12月26日付

(挿絵・FUMI)
◎鹿にでき馬にできないはずがない

それは何かと心悩ます     (浜田)三浦マサル

◎うっかりと眉の片方剃り落とし

理容師試験三度目も落ち    (松江)野津 重夫

◎新聞にはじめて載った九十歳

連歌ちゅうのはよいもんじゃのう(出雲)矢田カズエ

◎宝くじ当たってないと触れ歩き

ひきもきらずに来る宅配便   (雲南)難波紀久子

◎これ何と女房子供に笑われて

初めて編んだ長い靴下     (松江)持田 高行

将来きっとお宝になる     (松江)川津  蛙

◎ちょっとだけ今夜だけならいいだろう

ワナかもしれぬ甘い囁き    (益田)吉川 洋子

狂い始めた私の生涯      (出雲)原  愼二

やっぱりよそうまた夢ンなる  (益田)石田 三章

◎先生のあの一言にノセられて

ほんとになった宇宙飛行士   (松江)岩田 正之

顔の造作替え劣りして     (益田)小倉  豊

バッグに詰めた五千万円    (飯南)塩田美代子

苦し紛れに出た個性的     (松江)三島 啓克

◎ジャンパーの背には誠という一字

名前覚えてもらう名案     (松江)安東 和実

◎幸いに三連休で熱が冷め

食欲も出てみごと合格     (松江)森  笑子

小中高とすべて皆勤      (松江)花井 寛子

◎サービスでちょっと一手間かけてます

笑顔見られるだけで幸せ    (松江)中村 清子

ふつうのスマホないんでしょうか(松江)山﨑まるむ

◎半年も待った予約の痔の手術

授かっていた自然治癒力    (江津)岡本美津子

◎右左違いを十個見つけましょう

ヤマが当たった保育所お受験  (大田)柴 わん子

◎友達の奥さん乗せただけなのに

晩のおかずはメザシ一匹    (益田)石川アキオ

パパまたママがボクを怒るよ  (美郷)吉田 重美

ハンコついてと迫る女房    (江津)花田 美昭

◎炎暑にも水不足にも耐えた芋

園児らと掘る老いの楽しみ   (益田)可部 章二

園児が抱えて記念撮影     (松江)木村 更生

洗って撫でて飾って拝んで   (雲南)佐藤 風子

名代官の先見の明       (松江)植田 延裕

◎故郷で古民家喫茶始めます

スローライフのブログに癒され (益田)竹内 良子

いかにもという名前付けなきゃ (大田)福田 葉摘

日向ぼっこをしに来てごしない (松江)森広 典子

ウエートレスはうちの婆ちゃん (松江)田中 堂太

同級生に出す年賀状      (松江)庄司  豊


     ◇

 このシリーズの一番最初の句は、覚えていらっしゃいますか。その句が親とすれば、一月第四週にご紹介したみなさんの作品は兄弟、二月の作品はいとこ同士、三月はまたいとこ、…そして今回の入選作は、何いとこというのでしょうか。…楽しかったですね。

     ◇

 年末から年始にかけて、最近は、

  ただやかましいだけの漫才

ばかり、やたら耳に立つように思いますが、これも私が年を取ったせいなのでしょうか。

 ともかく、この句を前句にして、来年のシリーズを始めてみてください。まずは、五七五の兄弟から。

     ◇

 新春早々のスペシャルの前句は、

  買ったばかりのスケジュール帳

 森露さんの来年のスケジュール帳には、実は、予定がすでにいっぱい書き込まれているのだそうで、そのため、これが最後の森露選となるかもしれません。みなさん、ふるって、はなむけの五七五を、いつもよりたくさんお寄せください。

(島根大名誉教授)

2013年12月26日 無断転載禁止

こども新聞