島根県おすすめ名産・特産品をご紹介

お取り寄せ、贈答サイト47CLUB(よんななクラブ)は、地元をよく知る地方新聞社が実際に探し回って、見て、使って、食べて「これはすごい!」と思った名産、特産、スイーツ、グルメをお取り寄せ、贈答できるショッピングサイトです。皆さんもぜひ47CLUBへアクセスしてみてください!

「おいしくなって」オリジナル日本酒仕込み

櫂を使いタンク内の米や仕込み水をかき混ぜる青年部のメンバー
 鳥取県米子市の皆生温泉旅館組合の青年部員が22日、境港市大正町の千代むすび酒造で、オリジナル日本酒「皆生温泉・海に降る雪上代」の仕込み作業をした。約1カ月後に新酒が完成し、2月下旬から宿泊客へ提供、一部旅館で販売を始める。

 日本酒造りは伯耆町福岡のまちづくり会社「上代」と連携し、2008年に開始。青年部員は酒米作りから手掛けており、今回は昨年9月に収穫した800キロを原料にした。

 作業には15人が携わり、杜氏(とうじ)の坪井真一さん(44)の指導の下、仕込みの最終工程「留添え」を体験。タンクに仕込み水や蒸した米を投入し、長さ2メートルの櫂(かい)を使いかき混ぜる作業に汗を流した。

 昨年の売り上げが好調だったため、ことしは約300本増産して2310本を製造、500ミリリットル入りを2千円(税別)で販売する予定。

 皆生つるや若女将の宇田川育美さん(33)は「オリジナル日本酒は甘味があり女性にも人気。おいしくなるよう思いを込めた」と笑顔だった。

2014年1月23日 無断転載禁止