吉賀中でスサマジ選手ら指導しバスケ教室

横尾達泰選手(手前)のフリースローの模範に声援を送る吉賀中の生徒たち
 プロバスケットボール男子bjリーグの島根スサノオマジックの選手とコーチを招いたバスケットボール教室が7日、吉賀町七日市の吉賀中学校であり、同校の1~3年生約50人がシュートやドリブルの基本技術を学んだ。

 横尾達泰選手と末松勇人スクールコーチの指導で、生徒は体幹トレーニングに挑戦。腹筋と背筋のバランスの大切さを実感した。ドリブル練習では、ボールを手のひらではなく指先でコントロールするこつをつかんだ。

 レイアップシュートは「リングにボールを置いてくるイメージ」と助言を受け、フリースローは肘が開かないようにボールを真っすぐ投げることを心掛けた。最後は習ったことを試合で試した。

 生徒会長の坂本一晟君(14)=2年=は「基本の大切さを実感した。教わったことを意識したい」と話した。

 教室は、県教育委員会と町教育委員会が文部科学省の委託事業で実施した。

2014年2月10日 無断転載禁止