島根県おすすめ名産・特産品をご紹介

お取り寄せ、贈答サイト47CLUB(よんななクラブ)は、地元をよく知る地方新聞社が実際に探し回って、見て、使って、食べて「これはすごい!」と思った名産、特産、スイーツ、グルメをお取り寄せ、贈答できるショッピングサイトです。皆さんもぜひ47CLUBへアクセスしてみてください!

世界に通用する土産コンテスト「伝承本ゆべし」銀賞

観光庁の「世界にも通用するお土産コンテスト」で銀賞に輝いた美都物産金谷農産加工の「伝承本ゆべし」
 島根県益田市美都町山本の金谷集落で、ユズ加工品などを製造するグループ「美都物産金谷農産加工」の「伝承本ゆべし」がこのほど、観光庁の「世界にも通用するお土産コンテスト」で金賞(9点)に次ぐ銀賞に輝いた。代表の篠原演子(のぶこ)さん(82)は「長く続けてきて良かった」と受賞を喜んでいる。

 コンテストは、日本の食を代表する土産物を選ぶため、観光庁が初めて開催。三越伊勢丹など一流百貨店の幹部らが審査した。

 同グループのゆべしは、篠原さんと長谷百合子さん(78)の2人による手作り。秋、ユズの果実から果肉や種を取り出し、みそやそば粉、ゴマ、唐辛子などを混ぜた「タネ」を詰め、約3カ月間、軒先で干した。

 全国から約750種類の応募があったコンテストでは、ユズ特有の爽やかな香りに、みそや唐辛子の辛味が絡み合い、チーズやからすみのような深い味わいが高く評価された。

 ゆべしはもともと、保存食品として各家庭で作られてきた。同グループは、1977年に旧美都町がユズの生産に力を入れ始めたころから、ゆべしを製造している。

 同集落は現在、篠原さんと長谷さんを含めた高齢女性3人しかいない。それでも、繁忙期には集落出身者も集まってくるといい、今シーズンは1500個を準備した。

 篠原さんは「受賞は、コンテストに出展するのに合わせて包装のデザインなどを考えてくれた皆さんのおかげ。感謝している」と笑顔で話した。

 「伝承本ゆべし」は1箱(3個入り)2500円。問い合わせは同グループ、電話0856(52)2177。

2014年2月25日 無断転載禁止