在大阪・神戸インド総領事が溝口知事を表敬訪問

溝口善兵衛島根県知事(左)と面会し、インド市場に挑む企業を支援していく考えを述べるインドのアシーム・マハジャン在大阪・神戸総領事(右)=松江市殿町、同県庁
 昨年9月に着任したインドのアシーム・マハジャン在大阪・神戸総領事が2日、あいさつのため、松江市殿町の島根県庁を訪れ、溝口善兵衛知事と面会した。山陰両県の企業からインドへの事業展開を目指す動きが出ていることに対し、島根でビジネスセミナーを開催するなどし、支援していく考えを示した。

 マハジャン総領事は、12億人を数えるインドの人口はさらに膨らむと予測され、雇用の場の確保が課題だと説明。日本の政府開発援助(ODA)を活用してインフラ整備を進め、投資環境を整えている現状を紹介した。

 また、両県の産学官で「山陰インド協会」を昨年設立し、インドとの文化、経済交流を図る機運が高まっていることを歓迎。

 インド市場について、「大企業だけでなく、中小企業にもチャンスがあることを知ってもらいたい」と述べ、セミナー開催などを通じた情報提供を行っていく考えを示した。溝口知事は「今後も協力をお願いしたい」と応えた。

2014年5月3日 無断転載禁止