講話や教員体験談 21日松江でNIEセミナー

 NIE(教育に新聞を)の指導者育成と普及、拡大を目指して活動している島根県NIE研究会(会長・有馬毅一郎島根大名誉教授)の本年度第1回セミナーが21日午後1時半から、松江市殿町の山陰中央新報社で開かれる。今回は「さあ、わくわくどきどきのNIEを始めよう」がテーマで、新たにNIEを始める際に役立つ実践を中心に研修する。

 セミナーでは、はじめに若杉敏也・日本経済新聞社松江支局長による講話「わたしと新聞」の後、元、現NIE実践校の教員3人が「私はこうしてNIEを始めました!」と題し、NIEを始めるときの苦労談、失敗段、成功談などを話す。これを受け、参加者全員で、新聞に親しむための学校環境について考え話し合う。

 NIE活動に関心を持つ教員や教育、新聞関係者が対象で参加自由。申し込み、問い合わせは海士町教育委員会の福間敏之指導主事、電話08514(2)1222、ファクス同(2)1633か県NIE推進協事務局、電話0852(32)3305、ファクス同(32)3520へ。

2014年6月17日 無断転載禁止

こども新聞