掲示板活用、記事に親しむ NIEセミナーで活動紹介

NIE活動を紹介する松江市立乃木小学校の伊藤雅美教諭
 NIE(教育に新聞を)の活動推進と指導者育成に取り組む島根県NIE研究会(会長・有馬毅一郎島根大名誉教授)のセミナーが21日、松江市殿町の山陰中央新報社であった。新しくNIE活動を始めた学校に実践指定校の教諭が活動内容を紹介した。

 同県内では実践校に7校が指定されており、そのうち安来市立荒島小学校など3校が今年から新たに加わった。セミナーには県内の学校、教育機関、新聞社から15人が参加した。

 同市立乃木小学校の伊藤雅美教諭は廊下の掲示板を利用し新聞記事を紹介する事例を紹介。「児童でも理解しやすいスポーツ記事を掲載し応援コメントを寄せてもらったことで、児童が新聞に親しむきっかけとなった」と報告した。また、最初から身構える必要はなく自分のクラス、学年から少しずつ活動を広めたらいいとアドバイスした。

 セミナーでは日本経済新聞社の若杉敏也松江支局長の講演もあった。

2014年6月22日 無断転載禁止

こども新聞