きらめく星たち(13) 七夕と流星

夜空に流れるペルセウス座流星群(矢印)=大田市の三瓶山北の原、2013年8月13日午前4時2分から4時10分まで撮影。
夏の夜空 眺めよう

 7月7日は七夕(たなばた)。ただこのころは梅雨(つゆ)のさなかで、星も見られないことが多いですね。でも「伝統的(でんとうてき)七夕」という日があります。

 それは江戸時代まで使われていたカレンダー「旧暦(きゅうれき)」での7月7日のことです。今年は8月2日に当たり、この日なら梅雨も明けているでしょう。

 旧暦では毎月7日には決まって半月が見られます。昔(むかし)の人は七夕の半月を、織(お)り姫(ひめ)と彦星(ひこぼし)を乗せて天(あま)の川(がわ)を渡る船と見たのだそうです。その月が夜中に沈(しず)んだあとは、天の川がよく見られるようになります。

 ですから7月7日だけでなく、伝統的七夕の夜も大切にして笹飾(ささかざ)りをしてはどうでしょうか。もっとも筆者としては七夕でなくても晴れた夜には外に出て、天の川を探(さが)してもらえればうれしいです。

 そんな夏の夜は天の川のほかに流星(りゅうせい)も見ものです。流れ星とも言いますね。流星は、小さなちりなどが地球の空気に飛び込んできて光る現象(げんしょう)です。決まった日に流星がたくさん見られることがあり、それを流星群(ぐん)といいます。

 ペルセウス座(ざ)という星座(せいざ)から広がるように流星が飛ぶペルセウス座流星群は、1年のうちでもかなり見やすい流星群です。8月12日から13日にかけての夜に最も多く流れ、どの方向を見ても数分に1回は流星が見られるほどです。ただ、今年の場合は明るい月が出ているため、それほどはたくさん見られないようです。

 ペルセウス座流星群が見にくい年は、7月28日を中心に見ることができる、みずがめ座流星群がお勧(すす)めです。こちらは月明かりにじゃまされることなく、1時間にいくつかの流星を見ることができるでしょう。

 流星を見るのに特別な道具は何もいりません。夜空を見上げればよいのです。天の川や流星をぜひ眺(なが)めてみてください。

 (島根県立三瓶自然館サヒメル天文事業室長・竹内幹蔵)

2014年7月1日 無断転載禁止

こども新聞