わが家のシェフ(5) お菓子の基本は3材料

初夏のカップケーキ
 不思議(ふしぎ)だな。お菓子(かし)作りは卵と粉(こな)と砂糖ですべてが始まる-。

 わたしが高校生の時、お菓子作りの魅力(みりょく)に引き込(こ)まれるきっかけになったのは、この言葉との出合いからでした。

 スポンジケーキ、シュークリーム、パイなど、お菓子にはいろいろな種類の生地(きじ)があります。実は、すべて卵と粉と砂糖の分量の違いでできているのです。この三つの材料にバターをたくさん合わせるとパウンドケーキが、そこに粉を増やして薄(うす)く焼いたらクッキーやタルト生地になります。三つの基本材料だけで、おいしいお菓子の数々が生まれるのです。

 今回は材料を混(ま)ぜるだけで簡単にできるカップケーキです。アジサイ飾(かざ)りを作って季節感を出しました。お友達やおじいちゃん、おばあちゃんのおうちに手土産(みやげ)として持って行くと喜んでもらえそうですね。


 初夏(しょか)のカップケーキ(直径6.5センチ×10個)

【材 料】

・カップケーキ 無塩(むえん)バター100グラム、グラニュー糖(とう)110グラム、卵2個(110グラム)、レモンの皮のすりおろし少々、牛乳50グラム、薄力粉(はくりきこ)160グラム、ベーキングパウダー4グラム(薄力粉と一緒にふるっておく)

・マジパン(あじさい部分) 細工(さいく)用マジパン、天然食紅(しょくべに)(赤と青)、抹茶粉末(まっちゃふんまつ)(お好みで)

・アイシングクリーム 粉砂糖240グラム、卵白(らんぱく)35グラム


1.アジサイの花を作る。天然食紅で色付けしたマジパンをめん棒(ぼう)で伸ばし、花型の抜(ぬ)き型でくりぬき1日自然乾燥(かんそう)させる

2.カップケーキを作る。無塩バターをハンドミキサーで混ぜ、クリーム状(じょう)になったらグラニュー糖を加えさらに混ぜる。卵を加え分離(ぶんり)しないように合わせていく

3.2に牛乳とレモンの皮を加え、ふるった粉類をゴムベラで合わせる

4.ホイルをセットした型の中に3を7分目まで入れ、170度のオーブンで20~25分焼く

5.アイシングクリームを作る

6.冷ましたカップケーキの上を5ミリほどスライスし平らにし5を搾(しぼ)る。クリームが乾(かわ)かないうちにピンセットを使って1をのせる

 (出雲市の「ランコントレ」パティシエ・山口倭可子)

2014年5月27日 無断転載禁止

こども新聞