わが家のシェフ(8) 苦手な食べ物もおいしく

季節野菜のキーマカレー
 「子どもの好き嫌(きら)いはどうすればなくせますか?」「嫌いな食べ物を食べてもらうには、どんな工夫をすればいいですか?」。食育授業でしばしばお母さんたちからこんな質問を受けます。子育て中のお母さんたちなら誰もが一度は悩(なや)むこのテーマ。そして、それぞれに工夫や努力をされていることでしょう。

 子どもの好きなカレーの中に苦手な野菜を刻(きざ)んでまぜ込んだり、ピーマンやトマトなら家庭菜園で一緒に育てることでその野菜を好きになってもらったり。そんな積(つ)み重(かさ)ねでいつかは食べられるようになります。どうか気長に考えて、くれぐれも無理やりは食べさせないでください。

 でも一つ、大事なのは「食わず嫌いにはさせないこと」です。全く食べないままでは本当に一生食べなくなってしまいます。まずくても「苦かった」「辛(から)かった」という経験を一度でもさせることです。経験があれば、大人になったら必ず食べられるようになりますからね!

 今回は季節野菜のキーマカレーです。子どもの苦手なピーマン、トマト、ニンジンがこんなにもおいしく食べられるおすすめのメニューです。お試(ため)しあれ!!


 季節野菜のキーマカレー(4人分)

【分 量】

ピーマン2個、ニンジン100グラム、トマト300グラム、ナス2本、玉ネギ100グラム、ショウガ、ニンニク各1かけ、サラダ油大さじ3、カレー粉(こ)大さじ2、薄力粉(はくりきこ)大さじ2、合いびき肉300グラム、しょうゆ大さじ2、塩小さじ2、コショウ少々


1.ピーマン、ニンジン、玉ネギ、トマト、ナスを細かく切る。ショウガ、ニンニクはみじん切りにする

2.フライパンにサラダ油を中火で熱し、ショウガ、ニンニクを炒(いた)め、カレー粉、薄力粉を加え1分炒める

3.玉ネギ、ナスを加えて2分炒め、合いびき肉を加えてひき肉がぽろぽろになるまで炒める

4.油がなじんだらトマトを加えて3分炒め、しょうゆ、塩、コショウを加えて弱火で5分煮(に)る

5.器にご飯と盛(も)り合わせる

 (出雲市の「ランコントレ」シェフ・山口雄三)

2014年7月8日 無断転載禁止

こども新聞