わが家のシェフ(9) 夏休みこそお菓子作りを

レモンゼリー
 待ちに待った夏休みが始まりましたね! 皆さんはこの夏休み、何をして過(す)ごしますか? いつもより時間があるからこそ、この夏休みにはお菓子(かし)作りにも挑戦してみましょう!

 今回紹介するのは誰でも簡単に作ることができる「レモンゼリー」。夏の夜空をイメージして星形のフルーツやゼリーを入れてみました。涼(すず)しげで夏のおやつにぴったり。

 どこのおうちにも一つはある抜(ぬ)き型を使ってアレンジを加えます。それで材料をくり抜けば料理やお菓子、お弁当の一品のアクセントになり、きっと食べることも楽しくなりますよ。

 例えば、いつも輪(わ)切りにしているカレーのニンジンやサラダのキュウリ。星形や好きな形にくり抜くだけで見た目もかわいらしく、子どもたちが喜ぶことでしょう。

 いろんな材料をくり抜いてオリジナルのお菓子を作ってみてくださいね。


 レモンゼリー(グラス5個分)

【分 量】

水500グラム、粉(こな)ゼラチン10グラム、グラニュー糖(とう)90グラム、レモン汁(じる)30cc、ゼリーの中に入れるフルーツはお好みで


1.粉ゼラチンはあらかじめ少量の水でふやかしておく。缶詰(かんづめ)のフルーツは薄(うす)くスライスし星の抜き型でたくさん抜く

2.鍋(なべ)の中に水半量とグラニュー糖を入れて沸騰(ふっとう)手前まで加熱。火から下ろしたらあら熱をとり、ゼラチンを加えてダマがなくなるまでしっかりまぜながら溶(と)かす

3.2の中に残り半量の水とレモン汁を加えてまぜ、氷水に当てながら冷やす

4.3が少しとろんとした状態になってきたら器に入れる。少量の3を流し入れて、その上に星形のフルーツを、そして3とフルーツを交互(こうご)に器の中に入れる。ゼリー全体に星形のフルーツがちりばめられ、きれいに見えるよう仕上げる

5.4を冷蔵庫に入れて1時間冷やす。しっかり固まったら出来上がり


 ※フルーツは彩(いろど)りよくいろんなフルーツを入れてみましょう。ただしキウイやパイナップルなどはゼリーを固まらなくさせる成分(酵素(こうそ))があります。使う前にはさっと砂糖水で一煮立(ひとにた)ちさせ、冷ましてから使うといいでしょう。

 ※花型の抜き型で抜いてお花いっぱいゼリーに、または丸い形に抜いて水玉ゼリーにしたりと、いろいろ工夫するとおもしろいですね。

2014年7月22日 無断転載禁止

こども新聞