わが家のシェフ(11) おうちで簡単フランス菓子

リンゴのクルート
 おうちの冷蔵庫の中にあるものを使って、おいしいお菓子(かし)を簡単に作ることができたらすてきですね。今回紹介するのは思い立ったらすぐ作れる「リンゴのクルート」です。

 このお菓子はフランス生まれ。フランスのお菓子と言えば宝石箱に入って並んでいるようなイメージで、作るのに時間がかかって、作り方も難しそうと思うかもしれません。フランスにはシンプルでおいしいお菓子もたくさんあります。

 これはフランスの家庭で作るママン(お母さん)の味で、シンプルで素朴(そぼく)な味わいのおやつ。どこの家庭でも手に入るリンゴや食パンなど、たった五つの材料があれば作ることができます。こんなに簡単においしいお菓子が作れるなんて、という発見があるかもしれません。お試しあれ。


 リンゴのクルート(2人分)

【分 量】

 レーズン入り食パン6枚切り2枚、アプリコットジャムまたはマーマレード大さじ2、バター大さじ2、リンゴ1/2個、粉糖(ふんとう)適量

1.食パンはナイフで薄(うす)くスライスして2等分にし、丸い型でくりぬく

2.ジャムはスプーンで軽くまぜてほぐす

3.バターは溶(と)かしバターにする

4.1のパンにまず3.を塗(ぬ)り、その上から2も薄く塗る

5.4の上にリンゴを薄くスライスして並べる。その上に茶こしを使って粉糖を全体にふりかける

6.5をオーブントースターまたは200度のオーブンで焼く。パンがカリッとしてリンゴに火が通り、しなっとするまで焼く

※レーズンパンとリンゴの酸味とジャムの取り合わせが絶妙(ぜつみょう)な味わい。パンは香ばしくカリッと焼いてください。

 (出雲市の「ランコントレ」パティシエ・山口倭可子)

2014年8月19日 無断転載禁止

こども新聞