本社文化センター 出雲教室水墨画の受講生ら作品展

受講生の作品を鑑賞する来場者ら
 山陰中央新報文化センター出雲教室で水墨画を学ぶ受講生らによる作品展が5日、島根県出雲市浜町の出雲文化伝承館縁結び交流館で始まった。墨の濃淡やにじみによって風景や動植物を味わい深く表現した作品が並んでいる。7日まで。

 昨年10月から水墨画の講師を務める奥井昭光さん(78)=大田市大田町=の2講座の受講生12人と、奥井さん、前講師の石飛鴻さん(67)=出雲市多伎町小田=が計31点を出品した。サザンカやハス、馬など多様な題材を、流れるような筆遣いや力強いタッチで描いている。

 奥井さんは「好きなテーマで取り組み、一人一人の個性が作品に出ている」と話した。

2014年9月6日 無断転載禁止