映画プロデューサーのささやかな日常(18)

イベントでの「日々ロック」宣伝ブース
 11月、松江で「日々ロックな気分」

     竹中直人らがライブステージ

 暑い夏が駆け足で過ぎ、一気に秋になってしまいましたね。僕は現在、映画『日々ロック』の11月22日の公開に向けて宣伝活動を行っています。試写を通じてマスコミや映画ライターの皆さんに情報発信していただいたり、宣伝プロデューサーやイベントスタッフ、スポンサー企業とタイアップしたりして、映画の認知と期待度を高めていきます。

 今までは映画の料理長=監督や、素材である俳優と一緒に制作を進めてきましたが、これからは完成した料理をお客さまに届ける段階です。映画を上映するかどうかを決めるのは各映画館の担当の方なので、アピールして販売するスタッフと共に、一丸となって営業をかけていきます。

 そして、1人でも多くのお客さまに映画を見ていただくための方策をスタッフと議論し、イベントを開いたり、出演俳優のテレビ番組への出演、雑誌の取材を段取りしていきます。この映画の熱を伝えるために、一生懸命頑張っていこうと思っています。

 そんな中、ひょんなことから「くるり」「Cornelius(コーネリアス)」など、ロック界の超実力派といわれるさまざまなアーティストとのセッションで活躍するドラマー、あらきゆうこさんからお声掛けいただき、彼女が主催するイベント『日々ロックな気分』に僕も参加することになりました。11月1日に松江市美保関町七類のメテオプラザホールにて開催です。

 あらきさんの地元・境港市にて2004年から行われてきたこのイベント。今年は彼女が「境港フィッシュ大使」に就任したことを記念し、鳥取と島根の橋渡しの意味合いも深めるべく、境港市と親交が深い松江市で開催されます。

 『日々ロック』に関わっていただいた竹中直人さん、柴田隆浩さん(バンド「忘れらんねえよ」のボーカル・ギター)、細身のシャイボーイさん(ソロアーティスト)の出演が決定しました。竹中さんは、豪華メンバーからなるバンドを従え「竹中直人とオレンジ気分」名義でステージを披露します。東京でもほとんど行われることのない竹中さんの貴重なライブを見ることができます!

 『日々ロック』で竹中さんはライブハウスの店長役を演じ、柴田さんと細身さんには劇中でバンドが演奏する楽曲を書き下ろしていただきました。竹中さんは現在放映中の『軍師官兵衛』の秀吉役など圧倒的な存在感で魅せる役者さんですが、ミュージシャンとしての顔も持っています。お三方とも初めてお仕事させていただきましたが、皆さんロック愛にあふれた素晴らしいミュージシャンです。

 『日々ロック』予告編の上映や僕も参加するトークショーもあり、映画の裏話をたくさんしゃべりたいと思っています。この機会をぜひお見逃しなく!

 (松竹映像本部 映画プロデューサー・石塚慶生、米子市出身)

 ………………………………

 イベントのチケットに関する問い合わせは「さかい大黒屋」、電話0859(42)1000=午前9時~午後6時。

2014年9月12日 無断転載禁止