ピオーネ祭りにぎわう 浜田・金城

即売コーナーでピオーネを買い求める来場者
 島根県浜田市金城町特産の大粒ブドウ「ピオーネ」を割安で販売する「ピオーネ祭り」が20日、同市黒川町のJAいわみ中央きんさい市場であり、甘い秋の味覚を求める大勢の来場者でにぎわった。

 ピオーネの販売拡大を目的に、金城町ぶどう生産者協議会が毎年開催し、11回目。昨年までは同町内で実施していたが、より広くアピールしようと、今回は市中心部へ会場を移した。

 ピオーネの即売価格は、400グラム入りパック二つで900円、150グラム入りのジャム1個500円など、通常より1割ほど安く設定。午前8時半の販売開始前から多くの人が押し寄せ、黒く輝く大きな粒を確かめながら買い求めた。

 また、米粉やトマト、玉ネギなど町内産の食材を豊富に使った焼きたてのピザも販売され、香ばしいにおいが親子連れらの購買意欲をそそった。

 同協議会のピオーネ出荷量は、初めて販売した2005年度の1トンから徐々に増え、昨年度は14トン。8月上旬から出荷している本年産も出来は良いといい、藤若将浩会長(40)は「祭りで金城のピオーネを一人でも多くの人に知ってもらい、長くご愛顧いただきたい」と願った。

2014年9月21日 無断転載禁止