わが家のシェフ(13) 旬の食材を楽しもう

さんまの香草パン粉焼き
 「食欲(しょくよく)の秋」がやってきました。秋は旬(しゅん)を迎える食材が多く、恵(めぐ)まれた時季です。

 旬の食材は栄養価(えいようか)が高く、安くておいしく、その季節だからこそ食べることができます。しかし、最近はハウス栽培(さいばい)や養殖(ようしょく)などが普及(ふきゅう)し、1年を通してスーパーで手に取ることができる食材も多くあります。

 食卓(しょくたく)でも旬を感じづらくなっているのではないでしょうか。昔は「おすそ分け文化」が盛(さか)んで、畑や山で採れた食材を近所に配ることで旬を知ることもできたでしょう。親子でスーパーに行き、何が旬なのかを話しながら買い物をするのも楽しいかもしれませんね。

 今回は旬のサンマを丸ごと1匹使った「さんまの香草(こうそう)パン粉(こ)焼き」です。


 さんまの香草パン粉焼き(4人分)

【分 量】

サンマ4匹、薄力粉(はくりきこ)適量、卵1個、オリーブ油適量、バター少量、塩コショウ適量

・香草パン粉

パン粉120グラム、パセリ(みじん切り)大さじ2、粉チーズ大さじ2、オリーブ油大さじ1

・マッシュポテト

ジャガイモ(中)3個、生クリーム100cc、バター20グラム、塩コショウ適量


1.香草パン粉を作る。ボウルの中にパン粉とパセリと粉チーズを入れて混ぜる。均等(きんとう)に混ぜオリーブ油を加える

2.サンマを3枚におろし軽く塩コショウをする(骨は160度の油でじっくり揚(あ)げる)

3.マッシュポテトを作る。ジャガイモは軟(やわ)らかくなるまで火を入れる。軟らかくなったジャガイモを鍋(なべ)に入れ、温かいうちにフォークかマッシャーでつぶす。そこへ他の材料を入れ、よく混ぜ、塩コショウで味をととのえる

4.サンマに薄力粉をまぶし、卵を付けてから香草パン粉をまぶす

5.フライパンにオリーブ油とバターを入れ中火にし、4のサンマを皮面から焼き、こんがり両面を色付け火を入れる。サンマのパン粉焼き、揚げた骨、マッシュポテトを盛(も)り付ける   (出雲市の「ランコントレ」シェフ・山口雄三)

2014年9月30日 無断転載禁止

こども新聞