わが家のシェフ コツは焼き時間と温度

りんごのプリン
 昭和生まれの私は子どものころ、家族でデパートに行って屋上の遊園地で遊んだり、最上階のレストランでプリンアラモードを食べたりした楽しい思い出があります。

 みなさんのお父さんやお母さん世代が子どものころから慣(な)れ親しんできたお菓子(かし)、プリン。作るのが難しいと思われるかもしれません。初心者でも温度と時間を守れば大丈夫(だいじょうぶ)。160度のオーブンで30分焼けば、きっとおいしいプリンが出来上がります。

 これからの季節、温かいまま食べてもよし、冷やしてもよし。紹介するのは「リンゴのプリン」。甘味だけでなく、カラメルの苦味やリンゴの酸味(さんみ)も感じながら食べてみてください。


 リンゴのプリン(6個分)

【材料と作り方】

★分量

・プリン生地 牛乳300ミリリットル、卵2個、グラニュー糖(とう)60グラム

・リンゴ1個

・カラメルソース グラニュー糖100グラム、水30ミリリットル、湯20ミリリットル


始める前にオーブンを160度に温めておく

1.カラメルソースを作る。小鍋(こなべ)にグラニュー糖と水を入れて中火にかける。色づき始めたら一度、さっと鍋の中をひとまぜする

2.カラメル色に焦(こ)げてきたら火を止め、湯を少しずつ加え、もう一度まぜて出来上がり。固(かた)まらないうちに器(うつわ)の底(そこ)に6等分しながら注ぐ

3.リンゴを切る。半割にしたら半分は薄(うす)くスライス、もう半分は1センチ角に切る

4.1センチ角に切ったリンゴは耐熱皿(たいねつざら)に載(の)せてラップをしてレンジで1分加熱。6等分して容器のカラメルソースの上に散(ち)らす

5.プリン生地を作る。鍋に牛乳とグラニュー糖少々を入れて中火にかける

6.卵とグラニュー糖をボウルの中でよくまぜ、そこに人肌程度(ひとはだていど)に温めた牛乳を少しずつ注(そそ)いでまぜ合わせる。できたプリン液(えき)を一度、こし器などでこす

7.6を器の8分目まで注ぐ。その上にスライスしたリンゴを並(なら)べる

8.バットに1、2センチ、湯を注いで湯せんをつくり、そこに器6個を並べる。160度のオーブンで30分、蒸(む)し焼きする

9.オーブンから出したら湯せんから取り出し、別のバットに並べ、あら熱がとれたら冷蔵庫に入れて冷やす


*リンゴを入れないで作れば普通のプリンになるし、リンゴの他にレーズンやクリなどでアレンジしてみてもおいしいですよ!

 もちろん、このプリンの上にデコレーションして「プリン・アラモード」を作り、楽しいデザートを作ってみてもすてきですね!

 (出雲市の「ランコントレ」パティシエ・山口倭可子(わかこ))

2014年11月12日 無断転載禁止

こども新聞