新春踏み出す大人の階段 浜田は金城、旭自治区で成人式

新たな門出を喜び合う新成人たち
 島根県浜田市の金城、旭両自治区の成人式が4日行われ、晴れ着やスーツ姿の新成人が大人としての決意を胸に、新たな道での活躍を誓った。

 このうち、金城自治区の式典は同市金城町下来原のみどりかいかんであり、出席した新成人31人は家族らの祝福の拍手を受けて入場。久保田章市市長は、新成人の生まれ年に米大リーグに挑戦した元投手の野茂英雄氏や、昨年目覚ましい活躍を見せたテニスの錦織圭選手を例に挙げ「夢や希望を持ち、いろんな事にチャレンジしてほしい」とエールを送った。

 新成人を代表し、同町波佐出身で北九州市立大2年の西坂健吾さん(20)は「古里の仲間と助け合いながら、社会貢献できるよう努力したい」と決意を述べた。

 浜田市では11日に浜田自治区の成人式がある。夏季開催の弥栄、三隅両自治区を含め、旧市町村の自治区単位での成人式は本年度が最後となった。

2015年1月5日 無断転載禁止